住宅リフォーム

外壁塗装・外壁工事 リフォームのポイント

  1. 遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。
  2. 外壁のメンテナンスサイクルは平均5〜10年程度ですが、耐久性の高い材料を採用するとそのサイクルを延ばすことができます。
  3. 足場をかける費用がかかるので、屋根のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。
  4. 代表的な外壁材としては、耐震性や防耐火性に優れいている窯業系(ようぎょうけい)サイディングがあります。窯業系サイディング材とはセメント系材料に繊維質系の材料を混ぜることで、軽いながらも強度をもった外壁材です。他の外壁材に比べて、施工の簡易さ(工期の短さ)が特徴で、レンガ・タイル調や木目調など、多種多様な種類もあることで最近人気の外壁材となっています。

キッチン・台所 リフォームのポイント

  1. キッチンや台所は、家庭内で最も作業の時間が長いスペースですから、見栄えやコストだけで判断せず、利用者の生活導線を第一に考えましょう。
  2. リフォーム前の現地調査時に、実際にキッチンに立って、リフォーム会社に利用スタイルを伝えましょう。的確な提案をもらうためにも重要です。
  3. 特定の税品やメーカーにこだわらない場合は、希望する「機能」を伝えるに留め、リフォーム会社から提案をもらいましょう。
  4. 古いタイプの製品やメーカー在庫を利用するとコストを抑えられます。コスト重視の場合は、リフォーム会社に相談してみましょう。

浴室・風呂 リフォームのポイント

  1. 特定のメーカーにこだわらない場合は、希望する「機能」を伝えるに留め、リフォーム会社から提案をもらいましょう。
  2. 古いタイプのものやメーカー在庫を利用するとコストを抑えられますので、コストを重視する際は、そういったものが手配できないかリフォーム会社に相談してみましょう。
  3. 浴室や浴槽が断熱仕様のものを選ぶと、お風呂場が快適になるだけでなく、追炊きコストを節約できる場合があります。

トイレ リフォームのポイント

  1. 特定のメーカーにこだわらない場合は、「温水便座」「ウォシュレット」など希望する「機能」を伝えるに留め、リフォーム会社から提案をもらいましょう。
  2. 古いタイプのものやメーカー在庫を利用するとコストを抑えられますので、コストを重視する際は、そういったものが手配できないかリフォーム会社に相談してみましょう。

洗面台・洗面所 リフォームのポイント

  1. 特定のメーカーにこだわらない場合は、希望する「機能」を伝えるに留め、リフォーム会社から提案をもらいましょう。
  2. 古いタイプのものやメーカー在庫を利用するとコストを抑えられますので、コストを重視する際は、そういったものが手配できないかリフォーム会社に相談してみましょう。
  3. 既製品の洗面台ユニットを導入せずに、気に入った鏡やボウル・蛇口などを利用したオリジナルの洗面室を作ることもできます。シンプルなものであれば、価格的には、システム洗面台と大差無く済む場合もあります。

屋根 リフォームのポイント

  1. 遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。
  2. 屋根断熱を施すことにより、屋根裏やロフトスペースが夏でも快適になり、有効生活面積を増やすこともできます。
  3. 足場をかける費用がかかるので、外壁のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。

全面(まるごと)リフォームのポイント

  1. 全面リフォームには大きなリフォーム費用がかかりますが、工事費以外の諸費用も忘れてはいけません。特に、“現在住んでいる住まい”を全面リフォームするにあたって、住みながらの工事が不可能な場合、仮住まいを手配する必要があります。工事期間中の仮住まいの家賃、引越し費用(自宅から仮住まいへ、リフォーム後の仮住まいから自宅への引っ越し)などが必要です。一時的にトランクルームを借りる際にも、レンタル費用、自分で家具を運ばない場合は運送費もかかります。余裕をもった予算計画をたてましょう。
  2. 最近では、全面リフォームと共に、バリアフリー化するケースも多いです。長く住む住まいなので、現在の悩みや要望を解消するだけでなく、今後のライフスタイルの変遷も考えた上で住まいの提案をしてくれる業者を選びたいものです。
  3. 実績や施工力はもちろんですが、全面リフォームは検討期間も実際の工期も長いので、実際にやりとりをする業者の「担当者」との相性もとても重要です。複数の業者を比較することで、コミュニケーション力があり自分と相性がよいかどうかを見極めましょう。

中古戸建住宅 リフォームのポイント

  1. 中古住宅を購入してのリフォームには多くのメリットがあります。新築より低予算で、住みたいエリアの豊富な物件の中から選べます。すでに建物があるので、周囲の様子や景観などをチェックすることが可能です。また建売りとは違って自分たちの好みのデザインに出来ます。建替えよりも解体費用・廃材処分のコストを安く抑えることができます。
  2. ただしケースによってはデメリットも。骨組みや柱などの老朽化が激しい場合、新築よりも費用が高くなります。構造や間取りを大きく変更することは難しく、その際は新築よりも費用が高くなる場合も。またセットバックなどである場合、建築基準法の規定により、建替えがしにくいこともあります。
  3. 中古住宅の設備は、老朽化や汚れが気になりますが、ハウスクリーニングをかけるとまだ使用出来ることが多いです。使えるものは有効活用して、費用を節約し賢いリフォームを計画しましょう。
  4. 物件の中には、リフォーム済みの設備が備えられているものもあります。そのようなリフォーム済み物件を購入しリフォーム金額を下げるという方法もありますが、基本的には金額が上乗せされていることが多いです。内装や設備の老朽化部分が多い物件を購入して、後からリフォームをした方が総金額は安く抑えられる上に、自分たちの好みも反映出来ます。また老朽化している物件だと、水漏れの跡など状態を把握しやすく、点検しやすいといったメリットもあります。

お客様のご要望をお伺いし、最適なご提案のリフォームを行います。

もちろんマニュフェストは必ず発行し、法令を遵守した施工を行った上での安心価格になります。

地域最安値をモットーに全力を尽くしてまいります。

お見積りを迅速に対応するために

リフォームのご提案、お見積りに際して、お住いの築年数、建築時の図面、ご予算などの事項をお教えいただくと、より最適でコストパフォーマンスに優れたご提案が可能になります。

他社様との相見積もりでも構いません。何なりとお申し付けください。

お見積り・ご相談はお気軽にお問い合わせください!

GH HOMEでは住宅リフォームの無料お見積りやご相談をお受けしています。

下記お問い合わせフォームかお電話にてお問い合わせください。

お名前 *必須
お電話番号
メールアドレス *必須
リフォーム物件住所
ご希望リフォーム内容 *必須
ご予算
完成希望日
ご連絡事項
入力した内容に間違いがなければ、下のボタンを押して確認画面にお進みください。

ページトップへ